メンズもレディスも

服から雑貨まで、メンズもレディスもある。ウチー軒で何でも揃うから結果として効率がよいとおっしゃってくださるお客様が多くいらっしゃいます」その中にどんな服があるか頭に入れた上で仕入れに出かけているのだから、歩留まりはいいというわけだ。まさに個客の顔が見える経営である。「はいからや」は年に4回のイベント・セールを中心におよそ2000人の顧客データベースをもとにDMを打っているが、値引きを目玉にするというよりはむしろ、重点仕入れ商品の販促に力を入れるという方針でのぞみ、ほぼ狙い通りの成果をあげているという。

遠くからわざわざお客が行きたいと思うのも、自分好みの商品を仕入れておいてくれるという期待感があってのことなのだ。家族の物も含めて年間1000万円以上も買ってくれる顧客さえ何人もいるという事実がそれを裏づけている。倉敷市の中心商店街ではあるが、空き店舗が並び色あせたアーケードをあえて避けた裏通りに、夢をかなえるのはここしかないと城を築き、こだわりの商品を集積させた。「裏通りの小さなョ-ロッパ」というキャッチフレーズがぴったりな店である。 個客に的を絞った品揃えとサービスを心がける。『マス」を相手にせず、上得意客にこだわった経営手法が申小店生き残りのカギ。~ニッコウトラベル~テロにイラク戦争、SARS……。旅行業界は、ただ単に不況というだけではなく、次々と雌いが押し寄せる厳しい経営環境が続いている。そうした中にあって、中高年を対象に絞りこんだ企画を立てて固定客をつかんでいるのが「ニッコウトラベル」である。

一都市に滞在する「暮らすように旅をするパリ滞在吻日間」や、「○○添乗員と行く世界遺産の旅」といったベテラン添乗員同行型、「特別宮廷音楽会とハプスブルク家の夜会」といったこだわり派を対象としたものなどユニークなパック商品が多い。顧客の平均年齢は師歳。しかもリピーター率が知%以上というのが大きな特徴だ。それだけ顧客満足度が高い証拠だろう。

大人気の三田市で賃貸を探したいけど、一体どうしたら。土地勘のないところでは何もかもが難しい。よくあることだけど、こればかりは未だになれないものだ。あの宏稜不動産というところ。。。良さそうだ、行ってみよう。

とりあえず住むところを探すのが第一ですね。やっぱり都心に出やすいところが良いんですよ。今候補に挙がってるのが調布の賃貸物件。見た感じ結構環境も良くて、住みやすいかななんて思いました。とみや不動産でいくつか見せてもらったんだけど、その辺りで決めるのもありかなって思ってます。

出来るだけ都心に近めのところが良いんですよね。そう考えると武蔵小杉の不動産って言うのも悪くない選択かななんて思っていますよ。あとは良い物件があるかどうかってところですよね。センチュリー21アルト住販に行ってくまなく探さなくてはなりませんね。

快適な生活を手に入れるためには巣鴨の不動産に住むことが必須だと考えているんです。そしてそれが一番の近道だと思っています。センチュリー21オールワンでいくつか物件を見ましたが、そのおかげで確信へと変りましたね。近いうちに巣鴨へ引っ越すと思います。

ちょっと住んでみたいところがあるんです。もしかしたらあまり聞き慣れないかもしれないですけど、橿原市の不動産が良いんですよね。どうです?知ってますか?山崎ハウジングがこの辺りはすごく詳しいんです。まだ探してないんですけど、そこで探せば間違いなく良い物件を見付けられるって思うんです。